最高の街に引っ越した

勇気を出して一歩踏み出す

この夏に引っ越しをしたのですが、この町は最高です。

 

仕事の都合とはいっても住み慣れた地元を離れる事に幾分か抵抗がありましたが、引っ越し先は私の地元のド田舎と異なり、交通の便はとても良いですし、近くにコンビニもありますし、住んでみたら最高の環境でした。

 

 

私の地元は山の麓で、いわゆる田舎という地区にあります。最寄りの駅までは自転車で30分以上もかかりますし、バスも1時間に1−2本くるぐらいで、とにかく不便でした。もちろん近くにコンビニもありませんし、コンビニまでは自転車で15分は必要でした。

 

 

街灯も少なく、夜になるとかなり暗くなって女性一人で出歩くのもためらわれるくらいです。

 

 

まあ、住んでいる人達も田舎の方々なので、特に犯罪とかは起きる場所ではないんですけどね。

 

 

引っ越しに対しては嫌なイメージしかありませんでしたが、いざ便利な環境に行ってみると、地元の不便さに気が付かされてもう戻る気がなくなってしまいました。ずっと地元で済んでいたのでそれが当たり前となっていましたが、やはり新しい環境はいいものですね。

 

 

 

人間一度は住み慣れた場所から離れるのも大事なのだと思いました。引っ越しも贅沢に引っ越し業者に頼みましたが、単身の引っ越しなのでスタッフは2人で、あっという間に運んでくれました。一人は女性でしたが、男の私よりもよほど力があり手際よく荷物を運ぶ姿に圧倒されました。

 

 

 

引っ越しの料金もそこまで高くなかったですしもっと早く地元を出ていればなんて思うくらいです。引っ越し後にホームシックになるかなーなんて思っていましたが、今は一人暮らしを自由に満喫しています。

 

 

 

都会なのでポケストップもそこら中にありますし、モンスターボールの回収も出来るのも利点です。田舎はまったくありませんでしたからね・・・・引っ越し先の近所に変な人がいないか心配でしたが、今のところまったくそういうこともありませんし、夜は静かなものです。

 

 

 

騒音問題なんかもニュースで良く取り上げられますが、私の家にクレームが来ることもないですし、安心して生活できています。あまりにも変な人が住んでいたら引っ越そうとも思っていましたが、杞憂に終わりました。